レベル III: 上級者向け統合コース

上級者向けスキル統合のためのSP Advanced Integrative Training in SP

コース概要

上級者向けスキル統合のためのSPトレーニングは、レベル I :トラウマおよびレベル II : 発達性トラウマの修了者を対象とし、以下の3つの要素で構成されています。

  • スキル統合 トラウマ(SCT) - オンライン

  • スキル統合 発達性(SCD)- オンライン

  • SP上級者向け統合トレーニング - 対面式



2つの「スキル統合(SCTおよびSCD)」は、セルフペースのオンライン自主学習として実施され、SCTは13の基本スキルユニット、SCDは16の基本スキルユニットで構成されている準備モジュールとして、「SPの基礎」から「エッセンシャルスキル」、そして「プロセスの5つのステージ」へと学習者を導きます。


受講生は、レベル I および レベル II トレーニングの基本とスキル応用の初期実践をベースに、パット・オグデン博士SPIトレーナーによるプレゼンテーションの視聴や、臨床応用映像からSPの適用方法の確認、あるいは小グループでのディスカッションへの参加、双方向メディアやワークシートの活用など、自主的な学習活動を行うことを通じて、過去の学習内容の定着をはかり、SP 認定に向け、スキルのさらなる向上を目指します。


この上級者向け統合(AIT) コースは、108時間の対面式モジュールを含む、ハイブリッド学習形式(対面形式とオンライン形式)で構成されています。SPIのオンライン学習システムを介し提供される、短い準備モジュールは、対面形式のモジュールに対応しています。対面形式のモジュールでは、受講生は実習やフィードバックを通じ、SPの基礎を統合する機会を最大限に活用していきます。AITの6つのモジュールは、以下のテーマについて、実践的な応用への理解を深め、受講生の意識を高めます。


  1. 覚醒の調整とリソースとしての身体(ソマティックリソース)

  2. 定位反応と防御反応

  3. 現在の問題

  4. 発達上の記憶

  5. 実践の拡大

  6. 完了