受講生募集要項

コース概要および募集要項 トレーニング参加のお申し込みはこちら

第 2期 レベル I:トラウマ(オンラインコース)


当コースは「自主学習(約7〜9週間)」と「双方向型ライブ配信授業(週末開催、1日または3日間連続)」で構成されています。オンデマンド授業(自主学習)は米国SP研究所のオンライン学習管理システム上提供され、ライブ配信授業(逐次通訳付)はZoomで配信されます。


第2期トレーニングでは、国際的に活躍しているSPトレーナの一人、ライア・ホルバ博士がライブ配信授業を担当します。ホルバ博士「移民など複数の異なるアイデンティティをもつ人々の社会的・文化的適応」、「複雑性トラウマや医療トラウマなど様々なタイプのトラウマの処理」、「トラウマ関連の身体症状」や「愛着の問題」に深い造詣を持っています。


なお、このコースは、2023年秋のジェニーナ・フィッシャー博士によるSP特別コース「複雑性トラウマと解離以前に開催される日本の臨床家向けの最後のレベルI となります。「複雑性トラウマと解離」に参加ご希望の方は、レベルI の修了が受講要件ですので、ぜひ参加をご検討ください!

こちらのコースは 臨床心理士資格更新ポイント申請予定 です。


【期間】2022年11月12日(土)〜 2023年7月1日(土)

【履修時間】*計 105 時間

【募集人数48人

講師ライア・ホルバ 博士 ほか、 SP認定トレーナー

【受講料】**

  • 通常:440,000円(400,000円+消費税)

  • 早割/学割:418,000円(380,000円+消費税)***

その他トレーニングの内容や構成、受講要件などの詳細はこちら


* 履修時間 (105時間)にオリエンテーション、およびクロージングの時間は含まれません。

** グループコンサルテーション(コース修了要件)への参加費用が別途かかります。

*** 早期割引の募集は終了しました。学生割引の適用は引き続きございます。

ライア・ホルバ博士(Laia Jorba, PhD)

  • トレーニング日程(詳細)


  • お申し込み期限と受講料(通常と早期割引)

  • レベル I 受講以降のトレーニングについて

  • レベル Iトレーニング修了後、「レベルII」 または 「複雑性トラウマと解離」のトレーニングへの参加が可能になります。

(注)「複雑性トラウマと解離」は認定資格取得のための修了要件ではありません。

  • トレーニングに関するよくある質問

レベル I :トラウマ(オンライントレーニング)の受講やお申し込み関する「よくある質問と回答*」は、こちら


* 2022年4月24日時点の情報です。

グループ コンサルテーション関連費用は、募集期により変動する可能性があります。目安としてご覧ください。第2期のグループコンサルテーションの費用は第1期と同額になりました。日程関しては、現在、担当予定のSPコンサルタントと調整中です。(2022年7月1日)

  • トレーニングへのお申し込み

トレーニング参加をご希望の方は、こちらのページから