受講料に関する Q&A

よくある質問 > 授業料に関する Q&A

授業料とお支払いについて

授業料に含まれるもの

  • SPI提供の学習システム使用料

  • SPI認定トレーナーによるレクチャー(ライブ授業、オンデマンド授業を含む)

  • システム上で提供される学習資料

*当プログラムは、米国の継続教育 履修単位 (Continuing education credits)を取得できる可能性があります。詳しくは、米国SPI研究所 学生課 studentservices@sensorimotor.org に直接お問い合わせください。

お支払い方法について

2つの方法をご用意しています。

  • 銀行振り込み

  • クレジットカードまたはATMカードによるお支払い(Stripe)

手数料について

銀行振り込み手数料やクレジットカード手数料、またはコース参加キャンセルによる授業料の払い戻し(全額または一部)が発生した場合の手数料は、受講生にご負担をお願いします。

割引について

日本センサリーモーターサイコセラピー協会では、受講生の授業料負担を軽減するために以下の割引インセンティブ制度を提供しています。

早期割引(5%割引)

受講希望者は、受講生募集ページに記された早期申し込み期日までに申請書を提出し、かつ授業用の払込期限までに入金を完了された場合に適用されます。

大学院在学生(5%割引)

臨床心理大学院在籍中の受講希望者に適用されます。申し込みの際に、大学院発行の在籍証明書が必要です。

*早期割引との併用はできませんので、ご注意ください。

トレーニング延期とキャンセルについて

最少催行人数に満たない場合

トレーニング開始予定の30日前に受講登録者数が、最少催行人数に満たない場合、コースは延期となります。日本センサリーモーターサイコセラピー協会(JASPA)事務局は日程を再スケジュールし、最小催行人数を満たすため、受講者募集を行う期間を延長します。新たなスケジュールは、当初予定されていたコース日程をもとに調整されます。JASPA事務局は開始予定の30日前までに、登録された受講者全員に対し、トレーニング開始に関する状況を電子メールで通知いたします。

トレーニングの日程、講師の変更について 

最少催行人数を満たない場合以外にも、災害、トレーナーの急病、主催者側のやむを得ない事情などにより、コース開催の日時やトレーナーが変更される可能性があります。その場合、JASPA事務局は受講登録者に速やかに電子メールにて連絡いたします。

トレーニングの延期やキャンセル後の返金について

以下の条件の場合、速やかに、受講登録者への授業料全額*を返金いたします。

  • トレーニングの延期に伴うリスケジュール後、コース参加の見合わせを希望する場合

  • トレーニングのリスケジュールに30日以上かかり、トレーニング開催が中止となった場合

*受講料払い込みにご負担いただいた送金手数料のご負担を受講生にお願いしています。

トレーニング参加のキャンセルと返金について

やむを得ない理由でトレーニングへの参加が困難になった場合や、参加の取り止めをご希望される場合は、速やかに日本センサリーモーターサイコセラピー協会(JASPA)事務局 学生課 studentservice@spjapan.orgへご連絡ください。

返金の計算方法

払い戻し日の計算は、JASPA事務局 学生課あてに電子メールで通知を行った日付から計算されます。

レベル I:トラウマ(オンラインコース)の返金計算方法

  • オープニング予定日30日前まで → 授業料の 100 %を返金

  • モジュール2A (M2A)前日まで → 授業料のうち 60 %を返金

  • モジュール3A(M3A)前日まで → 授業料のうち 20 %を返金

  • モジュール3A(M3A)以降 → 0 %返金

*受講料払い込みにご負担いただいた送金手数料及び返金にかかる手数料のご負担を受講生にお願いしています。